睡眠

寝る前にスマホを見るとどうなる?睡眠の質は劇的に向上させる知識を伝授

在宅勤務が始まったあなたは、睡眠時間に変化があったでしょうか。

ブレインスリープ社が行った調査では在宅勤務が広がった結果、生活全体が後ろ倒しの夜型傾向になり、生活リズム・睡眠リズムが乱れ、睡眠の質の低下が見られたようです。

次の日に通勤がないから、ついつい夜ふかしして寝不足なるんだよね…

睡眠の質が悪いと日中に眠くなったり集中が途切れやすくなったりして、仕事の生産性に影響が出てきてしまいます。

この記事では在宅勤務をしている人を対象に、睡眠とスマホの関係について知っておくべき知識やおすすめ快眠グッズを紹介します。

結論を言ってしまうと、寝る前にスマホや携帯、PC、テレビのブルーライトを浴びないこと。これだけです!

PCやスマホからブルーライトが出ている

在宅テレワークで利用しているPCやスマホからはブルーライトと呼ばれる光が出ています。

ブルーライトと聞くと「PCやスマホの光」「目に悪そう」などのイメージがある方も多いと思いますが、実は太陽から放出されている光の一種です。

そのためブルーライト自体が悪いわけではなく、ブルーライトを見過ぎたり寝る前に見たりすることが体に良くないのです。

なぜ寝る前にブルーライトを見てはいけないのか?

先述したとおりブルーライトは太陽から放出されている光なので、本来であれば夜に浴びることのない光です。

この光を浴びることで人間の体はまだ昼間だと勘違いしてしまい、各機能をしっかりと働かせようと覚醒させてしまうのです。

その状態で寝ることが、睡眠の質の低下を招き不眠症や睡眠障害の原因の一つになっているのです。

では何時間前から見ないと良いかというと、入眠の1時間前までに使用しなければ睡眠の質を高めることができます。(参考:TENTIAL

でも寝る1時間前からスマホを見ないというのも中々難しいですよね。

そこでこれから紹介する色々な対策を重ねて、できる限り寝る前にスマホを見ないように工夫をしていきましょう!

PCやスマホのブルーライトを浴びない対策

対策①:スマホを目覚し時計にする。

セイコーの目覚まし時計はなめらかな運針でコチコチ音も気にならないのでおすすめ。

created by Rinker
セイコークロック(Seiko Clock)
¥982
(2022/07/07 01:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

また設定した時間帯に照明で起床するタイプの目覚ましも最近では多く販売されています。(詳しく知りたい方は在宅勤務におすすめの照明グッズ・アイディアをご参考に)

勿論既にお持ちのものがあればそれでも全然構いません!

スマホのアプリではダメなの?と思った方も多いと思いますが、基本は目覚ましを購入することをおすすめします。

なぜなら寝るすぐ近くにスマホを置いていると通知音がなって起きてしまったり、ふと手にとってブルーライトを浴びてしまう恐れがあるからです。

あとアプリだと起床時間を変える時にどうしてもスマホを見てしまうよね。。

更に言うと、そもそもスマホは頭の近くで充電すると健康上の問題を引き起こしてしまいます。

上記の本などでも言及されていますが、これはWHOも言ってるし、実はiPhoneの取説にも書いてあるんですよ?

そのためスマホは自分が寝ている場所からは遠くに置いて、専用の目覚ましで起きることが質の良い睡眠を手に入れる対策の一つとなります。

対策②:ナイトシフトモードにする

スマホを1時間見ないなんて無理無理!

という方も多いと思いますので、そういう方にはスマホの設定でブルーライトをカットする方法をお伝えしておきます。

iPhoneの場合

iPhoneでは「ナイトシフトモード」と呼ばれる、設定した時間帯でブルーライトが出にくい画面に自動的に変更してくれる機能があります。

設定アプリから設定できますので、ぜひ設定しておきましょう!

Androidの場合

Andoroidの場合は目の保護モードというモードがあり、ナイトシフトと同様の機能を有しています。

割と最新のOSしか設定できなかったと記憶しているのですが…設定できる人はぜひ設定しておきましょう!

パソコンの場合(Windows10)

Widows10の機能で、ブルーライトをカットする機能が備わっていますのでそれを設定すしましょう。

以下の記事をご参考にされてください。

(参考)Windows10 のブルーライトをカットする機能「夜間モードの設定」

あとはブルーライトカットシートを貼るのも良いと思います。

対策③:ブルーライトカットメガネをかける

さらにブルーライトをカットする方法として、ブルーライトカットメガネをかけるという方法もあります。

個人的には上記の対策で十分だと思いますが、寝る直前までスマホを見る必要がある人は、ナイトシフトなどのモードと合わせてメガネをかけると良い効果は高いと思います。

テレワーク&在宅勤務時におすすめのブルーライトカット・PCメガネテレワークや在宅勤務時におすすめのブルーライトカットメガネやメガネを使わずにブルーライトをカットする方法を紹介します。...

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると、以下の2つの対策を整えておくことで今まで以上に良質な睡眠を手に入れることができます。

  • スマホは自分が寝ている場所からは遠くに置いて、専用の目覚ましで起きる環境を整える
  • ナイトシフトモードや目の保護モードでブルーライトを軽減させる環境を整える

在宅勤務になって寝付きが悪いな~という方は、ブルーライトが原因かも知れませんよ。

ぜひ試されてみてください。

スマホ以外の睡眠の質を高める方法は以下の記事をご参考に。

在宅勤務中に寝ちゃう人必見!睡眠の質が驚くほど向上する方法17選!在宅勤務中に寝ちゃう…という方は睡眠の質が悪いのかも知れません。この記事では照明や寝具などの環境面、ジャーナリングや読書などの習慣面それぞれに対し、睡眠の質が驚くほど上がる方法とそれらを実現するためのおすすめ快眠グッズを紹介します。...